理解しているつもりでもミスをする自分に情けなさを感じる日々

私は、竹の塚の調剤薬局に転職をして新しい業界にチャレンジしていますが、新人の頃は何回も同じミスをしてしまい、迷惑をかけてしまっていることで、自分が情けなく感じました。
今までは、営業職をやっていましたが社会人5年目に転職をして、初めて事務職となりました。
基礎的なことは、入社までの間に勉強するようにはしましたが、実践をするのが初めてだったので緊張しながらも入社しました。
入ってみると、案の定膨大なデータ量をスピーディーに正確にこなさなければなりませんでした。
私はなかなかついていけず、性格にさばこうとすると、どんどん置いていかれるし、急いでやらねばと焦るとミスばかり起きてしまって辛かったです。
先輩社員の方が「こうしたほうがいい」と指摘してくれたものについて、そのときはしっかりとわかっているつもりでした。
しかし、次に同じ仕事でも変化球のように、別角度から仕事を振られると頭が混乱してしまい、またミスをしてしまっていたのです。
まだ、点と点がつながっていないので、迷惑ばかりかけてしまって自分自身が嫌になってしまいました。
何よりも自分自身が情けなく思うのは、前の会社では直属の後輩も増え、教える立場だったこともあり、何度もミスを繰り返す後輩を注意していたこともありました。
なんでできないのかしらと内心思っていたのに、今は自分がその後輩と同じ立場となっているのです。
その時の後輩のことを思い浮かべるとともに、その時の自分はどんどんその人に責任のある仕事は振らなくなっていったので、私もこのままではおなじになってしまうと思いました。情けなさと不甲斐なさにさいなまれた新人時代でした。