ストレス発散と自分に言い聞かせて自分に甘える情けなさ

池袋の処方箋薬局の仕事や、プライベートなどで失敗や嫌な思いをし、ストレがたまると、パチンコやパチスロのギャンブルに行ってしまいます。
給料も多いわけではありませんし、貯金が出来ているわけではないのにかかわらず、行く前にはストレス発散だし、少しならば別に影響はないだろうとか、1万円だけと自分に言い聞かせ、パチンコ屋さんを探します。
そういう時にパッと入るパチンコ屋さんというのは良い思いはしないと分かっていても、ピカピカ光ったり、派手は演出や大きな音楽を聴いたり見たりしていると、もっとやろうとのめりこんでしまうのです。
結局気が付けば、1万円だけだからと言っていても、財布の中はすっからかんとなり、そこで終れない私は、打っていた台にタバコなどを置き、近くのATMへ行き、追加の資金を下し、取り返してやろうと、また、のめりこみます。数時間経ち結局、大きな損をし、嫌な思いをし、来店した時よりももっとストレスを抱えて店を出るのです。
家に帰ると、仕事から帰って来たと思った妻や子供たちが、お帰りと声をかけてくれますが、私がこんな事をしていたなんて知りもせずといった状況です。
自分のストレス発散の為だけに、これだけの時間とお金を浪費し、何も持ち帰れない自分に、冷静になるとなんとも情けなさとむなしさを覚えます。
時にはトイレや自室で密かに涙まで出る事もあるのですが、また、数日し、同じ状況を繰り返すという事もあります。こういうのが貯金が出来ない原因だと思うのですが、とても自分本位な自分に情けないです。